持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(課題)」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

外務省リンク

株式会社ニット工房は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

 

「世界でたった一枚のオーダーメイドポロシャツ」

日本のアパレル市場では、需要以上に大量の輸入製品により売残りが大量に発生し、最終価格は生産コスト以下の価格売切りや焼却処分が行われ、環境負荷、安い労働力の国での大量生産等、負のスパイラルが長らく続いています。
日本国内では人件費が市場価格に合わず海外へ工場を移転、廃業するメーカーが多く、国内で製造供給も僅かな量となりました。

オーダーメイドという付加価値を付けることで量産品と比べるとお値段は上がりますが、1枚づつ作られる商品はお客様へ満足にお応えするだけでなく、縫製工場はより丁寧な作業が必要となりますが、その分多くの工賃を提供することができます。
親会社である安泰ニットはOEM生産を行っていますが、オーダーメイドポロシャツを生産することで小ロット対応できるノウハウを得ることが可能となります。
安泰ニットのOEM生産に於いても、より小ロットの生産対応が可能となり、大量生産による環境負荷や労働力の搾取等の問題解決の一つの方法となると考えています。

オーダーメイドポロシャツのニットガーデン

ニットガーデンは2001年(平成13年)に安泰ニットグループの一般消費者に直接販売を目的に設立した子会社で受注生産商品をネット販売を行う一方で、2004年オーダーメイドポロシャツのネット販売を開始しました。

通常のポロシャツやカットソーでは、S~XL等、アパレルの会社が独自に作ったサイズ展開で生産されています。
ニット素材は、伸縮する為、各サイズの標準体型を中心としてある程度の許容範囲がありそれで大抵の人はサイズを選ぶことができます。
しかし、よりフィット感のあるものや、背の高い人、幅の広い人はどこかで妥協しなければなりません。
オーダーメイドポロシャツのニットガーデンでは自分好みの生地と選べるデザイン、お好みのサイズのポロシャツが欲しいというこだわりのある方へのブランドです。
受注生産によりファストファッションのようにすぐにお届けはできませんが、お客様の為に1枚づつ作ることで満足できる商品を提供し、環境にも人にも優しくすることができます。

ニットガーデンはオーダーメイドポロシャツを普及させるtことでサステナビリティな商品を提供していきます。