針供養

針供養とは

「針供養」という行事を聞いたことがあるでしょうか?

2月8日・12月8日は針供養の日とされています。(関東では両日共、関西・九州では12月8日に行われることが多い)

針供養とは民間伝承に起因する行事で、日ごろ裁縫等に使っている縫い針を神社へ納めたり、コンニャクに刺したりします。

また、この日は針仕事をしてはならないとも言われています。(これは事八日と呼ばれる物忌みの概念から派生しているとのこと)

 

歴史

針供養の最も古い記録は京都の「法輪寺」に見られ、平安時代に清和天皇が針供養の堂を建立したと伝えられています。

同寺では堂の建立以来、毎年12月8日に針供養法要が行われており、現在でも皇室で使用された針の供養が行われています。

ただ、この行事が庶民のものとして全国的に広まったのは「淡島神社」の影響が大きいようです。

この神社は和歌山県和歌山市に総本山が、全国に支社が数多く存在しており、婦人に縁のある神社とされています。

ここでは詳細は省きますが、この淡島(粟島)神社が全国に広まった経緯が針供養の行事のきっかけであるとの説もあります。

興味を持たれた方は「淡島願人」でのワード検索や末ページに記載した参考文献を読まれると良いかもしれません。

 

私が国立国会図書館のデータベースで検索をかけてみたところ、現存する書籍に「針供養」と登場するのは1876年の開化女小学用文(四季・雑など合計65通の私用文例を集めた女用文書)が最初でした。

当時は縫製関連企業や女学校などで盛んに行われていたようで、供養の意味の他に針仕事の上達祈願の意味も兼ねていたようです。

現在の針供養

さて、ここまで過去の針供養行事について取り上げてきましたが、現代の針供養はどうでしょう。

昔のように個人で針仕事をする人は殆どいませんし、裁縫道具を常備していない家庭も多々あるかと思います。

縫製関連企業も行っているところは少ないのではないでしょうか。(弊社の工場も12月8日、2月8日通常営業です)

 

しかしながら、全く途絶えたわけでもないようです。

服飾系専門学校や私学の女子校など、一部の教育機関では今でも行事としての針供養が続けられていたり、新たに取り入れられたりしている様子が見られます。

 

最後に

日本では昔から「物を大切に思える人は、人も大切にする」と言われています。

この記事を読まれている中に針を使われる方がいれば、一年に1.2度程度、日ごろ使っている「針」に労いの心を持ってみるのもよいのではないでしょうか。


【参考サイト】

コトバンク「針供養」ほか

法輪寺年間行事予定

京都近郊でおこなわれる針供養

【参考文献】

三田村佳子(1996)「製鉄・鍛冶神事としての針供養:「コト八日」の一視点」成城文藝(153) PDFが起動します

松田昌子(2017)「針供養と民間信仰」佛教大学大学院紀要.文学研究科篇45号 佛教大学論文目録リポジトリ



ニットガーデンはお客様に寄り添い、世界で一つだけのオーダーメイドポロシャツ・カットソー商品を作る会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です