「布帛」と「編物」

あなたは自分の身に着けている布地が、大きく「織物」「編物」「不織布」の三つに分けられることをご存知でしょうか。

「織物」とはタテとヨコに糸を渡らせて布地にしたもの。

「不織布」とはフェルトや紙など繊維を圧縮し、結合させたもの。

「編物」とは一本~数十本の糸を束ねて編み、布地にしたものです。

織物・不織物はその作り方から生地の伸び縮みがあまり無いのに対し、編物は一つ一つの編み目が伸縮するため、とてもよく伸びます。

その為、着心地がよく身体にフィットします。

肌着やスポーツウェアのほとんどがニットでできています。

 

「ニット」と「カットソー」

ニットは複数の意味を包括する言葉です。その中には手芸の編み物や編まれた生地、機械編みのニットセーター、カットソーなどが含まれます。

ここではセーターなどを指す「ニット」製品と「カットソー」製品について取り上げたいと思います。

この2つの違いは主に衣服の作り方の違いにあります。

「ニット」は英語ではKnitと綴る動詞です。これを「編み物」とするならばKnittingと綴ります。さらに「編まれた服」ならばKnit Wearと表記されます。

一方でカットソーはCut and sewと綴ります。綴りを見て気付かれるかと思いますが、これはニット生地を裁断(cut)し縫製(saw)して作られた衣服の総称を示します。

この裁断と縫製という過程がポイントです。

ニットは編まれた生地をそのまま、ほぼ形を変えずに衣服にします。

カットソーは編まれた生地を服の形に裁断、縫製し衣服にします。

ニットが編み機の性能がそのまま製品に反映されるため細かな型紙の違いに対応しにくいのに対し、カットソーは布帛(織り生地)と同じように生地を切って使用するため細かな型紙の変更ができます。

カットソーはニットの動きやすさと布帛の細密さを併せ持つ、2つの良さを兼ね備えた衣服ともいえるのです。