ニットとカットソーの違い

posted in: Uncategorized | 0

皆様は「ニット」と聞いて何を思い浮かべるでしょう。また、「カットソー」と聞いて何を想像されるでしょうか。

今回はニットとカットソーの違いと題しまして、弊社「ニット工房」の名前の不思議について少しお話ししたいと思います。

 

「ニット」と「カットソー」、この2つの違いは主に衣服の作り方の違いにあります。

 

「ニット」は英語ではKnitと綴る動詞です。これを「編み物」とするならばKnittingと綴ります。さらに「編まれた服」ならばKnit Wearと表記されます。

ニット

 

一方でカットソーはCut and sewと綴ります。綴りを見て気付かれるかと思いますが、これはニット生地を裁断(cut)し縫製(saw)して作られた衣服の総称を示します。

カットソー

この裁断と縫製という過程がポイントです。

ニットは編まれた生地をそのまま、ほぼ形を変えずに衣服にします。

カットソーは編まれた生地を服の形に裁断、縫製し衣服にします。

 

ニットが編み機の性能がそのまま製品に反映されるため細かな型紙の違いに対応しにくいのに対し、カットソーは布帛(織り生地)と同じように生地を切って使用するため細かな型紙の変更ができます。

カットソーはニットの動きやすさと布帛の細密さを併せ持つ、2つの良さを兼ね備えた衣服なのです。

 

 

さて、弊社は「ニット工房」という名称ではありますが、取り扱っている商品のほとんどが「カットソー」と呼ばれる区分のものです。

カットソーなのにニット工房。それは表記に偽りあり、ではないか? そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

 

日本のニット

日本でのニットとはとても幅広い意味を持つ言葉です。「手編み」「編み生地」「編まれた衣服」などもニットの一部と捉えられ、その中には「カットソー」も含まれます。

そのため、「ニット工房」がカットソーを主として扱いながら「ニット」と名乗っているのは実は間違いではないのです。

 

ニット工房はカットソーからニットを幅広く見つめ、編み製品の良さを伝えていければと思っています。

 

 

Leave a Reply