かりゆし特集2

posted in: Uncategorized | 0

かりゆし特集(デイゴ2)

かりゆし特集第2弾は日本では沖縄にしか咲かない花「でいごの花」をピックアップ。

 

沖縄の県花「デイゴ」

デイゴ(でいご)はインドやマレー半島に多く咲くマメ科の木。南国の植物で日本での北限は沖縄とされています。

高さ10メートルにもなる幹は漆器の材料として用いられています。

春から初夏にかけて赤い花を咲かせ、特に「よく咲いた年は台風のよく来る年である」と言い伝えられているのだとか。

ところでこのデイゴ、どこかで耳覚えのある言葉ではないでしょうか。

 

島唄に登場する花

THE BOOMの『島唄』という曲、タイトルを知らない方でも出だしの歌詞を読めばメロディーが流れてくるかもしれません。

「でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た~」

この冒頭の花こそがデイゴです。台風が来るという言い伝えがそのまま歌詞に落とし込まれています。

また、島唄は戦争の悲しみを歌った歌でもあり、この一文は同時に沖縄戦が始まったことを示す季語としての意味合いも含んでいるようです。

このように島唄では「でいごの花」がとても重要な語句として用いられていることが分かるかと思います。

 

デイゴはそれほど沖縄の人たちに昔から親しまれている花なのでしょうね。

 

デイゴ柄かりゆし

さて、そんなデイゴですがかりゆし柄にも多く用いられています。

男女でペアルックのようにも着ることができるかりゆしを見つけましたので二着ほどご紹介します。

デイゴ柄かりゆし2

デイゴの花が胸元に大きく配置された華やかなデザイン。こちらはメンズ商品です。

 

デイゴ柄かりゆし3

こちらはレディースの商品です。メンズとは反対に裾からウエストにかけてデイゴの花が配置されています。

 

あなたも鮮やかなデイゴ柄かりゆしで、沖縄気分を味わってみてはいかがですか。

 

 

Leave a Reply